スポーツ

中村輪夢の出身大学や高校はどこ?名前の由来や読み方が独特すぎる!

BMXフリースタイルパークで東京オリンピック日本代表の中村輪夢(りむ)さん!

空中で大技を決める姿がダイナミックでかっこいいですよね!

メダルの期待も掛かる中村輪夢さんは、現在19歳という若さです。

そんな中村輪夢さんの大学や高校など気になる学歴についてまとめてみました!

あと中村輪夢さんのプロフィールや名前の由来なども迫っていきたいと思います!

早速みていきましょー!

Sponsored Links

中村輪夢の大学や高校はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

東京オリンピックでメダル獲得を目指す中村輪夢さん!

BMXフリースタイルパークで是非とも活躍して欲しいですよね。

そんな中村輪夢さんの学歴が気になったのでまとめてみました。

中村輪夢|出身大学はどこ?

中村輪夢さんは現在現役大学生。

2020年に、環太平洋大学の教育経営学科通信教育課程に入学しました。

環太平洋大学は、岡山県岡山市に2007年に開校した新設校です。

基本的には、京都出身である中村輪夢さんは拠点は京都で練習を行っています。

岡山市内に新しく建設されたパークでの強化合宿をするなどもしています。

また、通信教育過程であるのも世界各国を転々とすることから通信制を選んでいるようです。

 

中村輪夢|出身高校はどこ?

中村輪夢さんの出身高校は、京都つくば開成高校を卒業されています。

高校でも中村輪夢さんは、通信制で学ばれていました。

BMXと勉強の両立のために通信制を選択したんですね!

高校1年生の時にはすでに、スポーツマネジメントの「ファーストトラック株式会社」とマネジメント契約を結んでいます。

高校時代には、CMに出演したり大会で実績を残したりとプロとして活躍をしています。

 

中村輪夢|出身中学はどこ?

中村輪夢さんの出身中学は、京都市立西京極中学です。

中学2年生の頃に、アメリカのジュニアクラスの大会で優勝してこの世代で世界1位になっています。

BMXの本場であるアメリカで活躍したとあって当時も話題になりました。

それから中学3年生になっても大会で優勝するなどして、世界中で有名なBMXライダーとして認知されていました。

 

中村輪夢の父親は有名人?

引用元:スポニチ

中村輪夢さんの父親は、中村辰司(たつじ)さん。

中村輪夢さんがBMXを始めたきっかけも父親である辰司さんの影響です。

元々父親の中村辰司さんもBMXライダーだったそうです。

中村輪夢さんが、3歳の頃から2人でBMXを練習していました。

現在中村辰司さんは、京都市内でBMXの専門店を経営されており親子揃ってBMXにのめり込んでいるのがわかりますね。

中村辰司さんは現在44歳で、息子である中村輪夢さんのメカニック担当だそうです。

また、メカニック担当として世界を一緒に飛び回っています。

息子と一緒に好きなことで世界を目指せるとは、羨ましいくらい素敵です!

 

中村輪夢|プロフィール

引用元:https://first-track.co.jp/

  • 中村輪夢(なかむらりむ)
  • 生年月日:2002年2月9日
  • 年齢:19歳(令和3年7月現在)
  • 出身地:京都府京都市
  • 学歴:環太平洋大在学中
  • 中村輪夢のTwitterはコチラから!
  • 中村輪夢のInstagramはコチラから!

BMXライダーでBMX専門店も経営している父親の影響で、3歳から自然とBMXを始めました。

5歳でBMXの大会に初出場を果たし、小学校高学年にはキッズクラスにおいて全ての大会で優勝をします。

そして、中学生でプロ転向。

2015年には、BMXの本場アメリカで行われたRECON TOURの13~15歳クラスにおいて優勝し、その世代の世界一となりました。

2016年には、世界の強豪も参戦した『G-Shock Real Toughness』で優勝をして、日本中を驚かせました。

2021年の東京オリンピックで正式種目になるBMXフリースタイルパークでメダルが期待される程の選手へと成長し続けています。

中村輪夢の戦績は?

幼少期から、世界に注目されるBMXライダーの中村輪夢さん!

戦績も素晴らしいのでまとめてみました。

  • 2015年 FISE World成都大会 優勝 (アマチュア部門)
  • 2016年 RECON TOUR 優勝 (13~15歳クラス)
  • 2016年 PERUGIA CUP 優勝
  • 2016年 G-Shock Real Tougness 優勝
  • 2017年 FL BMX Series 3位
  • 2017年 JAPAN CUP大会富山大会 優勝
  • 2017年 UCI UCIアーバンサイクリング世界選手権 7位
  • 2017年 第1回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権大会 優勝
  • 2018年 UCIワールド杯広島大会 9位
  • 2019年 UCIワールド杯広島大会 準優勝
  • 2019年 X Games ミネアポリス 準優勝
  • 2019年 第3回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権大会 優勝

 

中村輪夢の身長や体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

中村輪夢さんの身長体重ですが、

身長は170cmです。

体重は、62kgとなっています。

標準体型ですね!

BMXで空中を飛び回っているイメージなので、もっと小柄で体重も軽いのかなと思っていましたがそんなことはないみたいですね。

やっぱりしっかりとした体幹が必要なんでしょうね!

 

世界ランキングは?

2020年9月には、かかとを骨折する怪我をした中村輪夢さんですが、2019年にはFISE世界ランキング5位となっています。

ちなみに中学3年生の時には、年間ランキング世界6位です。

日本人初の表彰台に上がったり、世界大会でも優勝していますし東京オリンピックでの金メダルも夢じゃないです!

 

スポンサーや所属は?

中村輪夢さんには、多くのスポンサーがついており人気の高さがわかります。

2017年6月にスポーツマネジメントの「ファーストトラック株式会社」とマネジメント契約をします。

翌年2018年には、「ウイングアーク1st株式会社」とスポンサー契約を締結。

所属も、ウイングアーク1st株式会社に現在所属しています。

ウイングアーク1st株式会社は、データ活用技術を持ったIT企業でありデータ分析からアスリートを応援しているそうです。

この他にも多くの企業がスポンサーになっています。

  • JYKKJAPAN(BMXバイク輸入代理店)
  • OAKLEY(アパレルブランド)
  • G-SHOCK(時計)
  • RED BULL(飲料)
  • VISA(クレジットカード会社)
  • ムラサキスポーツ(スポーツ販売店)

 

これだけ多くの企業がスポンサーになってるんですね。

BMXが注目されていますし、中村輪夢さんに期待して応援している企業も多いんでしょうね!

 

年収はどれくらい?

BMXのプロ選手は、主に大会の賞金を獲得して稼いでいます。

アメリカで人気のX-GAMESでは、優勝賞金が約550万円です。

他にも海外では、VANSUSOPENで優勝賞金が約330万円などがあります。

メジャースポーツに比べるとまだまだ少ないですが、東京オリンピックで正式種目になりましたしますます人気が高まることでしょう。

そうなれば優勝賞金が、もっと凄い金額になっていくでしょう!

ただ、収入としては大会賞金だけでなくスポンサーとの契約金などがあります。

中村輪夢さんの契約金についての情報はありませんでしたが、多くの企業がスポンサーとしてついていますしBMXに専念するだけの年収は十分あると思います。

中村輪夢さんのスポンサーであるRED BULLでは、契約金が億単位のアスリートもいますし、契約金が高いかもしれませんね!

また、中村輪夢さんはウイングアーク1st株式会社に所属していますし、もしかしたら給料が支給されているかもしれません。

いずれにしても活躍されていますし、今後のBMXを盛り上げるためにも沢山稼いで欲しいですね!

 

中村輪夢の名前の由来

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

中村輪夢さんの名前の由来ですが、『リム』という自転車のパーツが由来です。

そしてもう一つは、車輪と五輪の「輪」と「夢」で輪夢と名付けたそうです。

オリンピックで自転車で活躍する夢を期待して名付けられたんでしょうね!

まさに名前通りオリンピックに出場しますし、夢も見させてくれています。

それだけでも十分親孝行ですよね!

メダルを獲得してさらに親御さんを喜ばせてあげて欲しいです!

輪夢の読み方

輪夢の読み方ですが、上記でも説明しましたが「りむ」とみ読みます。

自転車の部品である「リム」を名前につけようと思うところが凄いですよね!

親子揃って本当にBMXが好きなんですね!

 

中村輪夢のBMX練習場はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

中村輪夢さんのBMXの練習場は、京都府宇治市にあります。

この練習場は、2020年1月にオープンしたばかりの新しい練習場です。

なんと、所属契約するウイングアーク1stが約4億円をかけて国内初の本格的施設「WingPark1st」を建設しました。

中村輪夢さん専用の練習施設である「WingPark1st」。

この練習場では、動作解析用の9台のカメラなどを装備しており世界初のハイテク練習場となっています。

4億円かけてまで建設するとは….。

かなりの中村輪夢さんに対する期待と投資ですよね!

練習場「Wingpark1st」はテニスコート6面が入る大きさもあります。

それと、9台のカメラと15台のセンサーが中村輪夢さんの動きを分析してデータ化しています。

さすがIT企業といったところですかね!

京都の自宅からは約1時間弱の距離にあり、今まで他府県で練習していた中村輪夢さんが移動時間までも気にせずに、練習できるように建設したそうです。

 

BMXフリースタイルパークとは

BMXフリースタイルパークとは、東京オリンピックで正式種目として採用されました。

フリースタイルでは、スピードよりもスタイルを競い合います。

アメリカではスケートボードとともに、「Xゲームズ」として若い世代に圧倒的な人気を誇っていんです。

幅15メートル、奥行き25メートルを最小限に、どちらも60メートルを超えないフィールドの中で20インチの車輪の自転車に乗ります。

そして1分間に決められたコースでジャンプや回転などのトリックを行って競い合うのがフリースタイル。

5人の審判が技の難易度や完成度、ジャンプ、構成などを99点満点で採点します。

東京オリンピックでは9名の選手が1分間を2回競技します。

点数の高い選手ほど、決勝で競技が最後になります。

決勝でも2回競技して、点数がよかった方をベストスコアとして順位が決められていきます。

東京オリンピックの競技会場は、有明アーバンスポーツパークとなっています。

 

まとめ

というわけでBMXフリースタイルパークで大注目の中村輪夢さんについて調べました!

東京オリンピックから正式種目となり、メダル獲得も期待されているので是非とも頑張って欲しいですね!

まだ19歳という若さですし、東京オリンピックで活躍してパリオリンピックも狙えますね!

父親と二人三脚で頑張っていますし、応援していきますし今後の中村輪夢さんの動向にもチェックしていきます。

東京オリンピックが待ち遠しいです。

今回は以上となります。

最後までご覧頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!