ニュース

高御座の輸送方法や業者はどこ?輸送費用や東京までのルートも!

10月に天皇陛下がのぼられた「高御座(たかみくら)」が12月22日から東京の上野の国立博物館で一般公開されていますね!

「高御座」は奈良時代から続く重要な儀式ですし、現在の「高御座」は、大正天皇が即位される時に作られたものになります。

そんな文化的に貴重な「高御座」は、普段は京都御所に保管されています。

では、「高御座」はどのように東京まで輸送されたんでしょうか?

傷つけることは許されなさそうですよね。(笑)

というわけで「高御座の輸送方法や業者はどこ?輸送費用や東京までのルートも!」と題して高御座の輸送についてお伝えしていきます。

Sponsored Links

高御座の輸送方法とは!

引用元:https://www.nippon.com/ja/

10月に皇居で行われた即位礼正殿の儀で使用された、「高御座」と「御帳台(みちょうだい)」ですが、実は2018年の頃にすでに京都から皇居まで運ばれていました。

そしてその輸送方法とは、陸路で運ぶ方法です。

移送する前日から、準備は開始されます。

前日に約30人ほどの作業員が、京都御所の紫宸殿(ししんでん)から解体・梱包を行い、計250個ほどの部品などをトラックに積み込んでいきます。

トラックの台数は、全部で8台にもなったそうです。

そして、前日の午後11時に出発したトラックは、翌日の午前10時前に皇居に到着しました。

 

 

平成の時代はヘリ輸送!?

現在の高御座の京都から東京への輸送は、今回で2回目になります。

今回は陸路でしたが、昭和から平成に変わる時には、即位の礼を阻止しよとする過激派のテロ事件が多発していました。

なので、昭和から平成に代替わりする際の高御座の輸送は、陸上自衛隊によるヘリで空輸するという厳戒態勢がとられました。

ヘリで運ぶとは、かなり大変そうですよね。

それだけ過激派がすごかったのかもしれませんね。

平成から令和に変わる今回は、社会情勢も落ち着いていて陸路での輸送になったそうです。

 

 

2018年に輸送済!?

引用元:https://www.nippon.com/ja/

2019年の10月に即位礼正殿の儀で、高御座は使用されました。

しかし、高御座の輸送は実際には1年前の2018年の9月に皇居に輸送されています。

なぜそんなに早く皇居に輸送したかというと、漆の塗装や飾り金具の修復などをして、10月の即位礼正殿の儀に備える為だそうです。

そして、実際に組立を始めたのは2019年の9月なので、それまでの間は修復作業をしていたんですね。

 

 

輸送業者はどこ?

平成から令和に変わる今回の高御座の輸送は、陸路でしたね。

その陸路に関しては、民間の輸送業者に委託しました。

では、その委託された民間の輸送業者とはどこなんでしょうか?

調査しましたが、詳しく書かれている情報がありませんでした。

その中でも有力な情報としては、2社ありました。

 

  1. 松田運送
  2. 三越伊勢丹プロパティ・デザイン

 

この2社が高御座の輸送を委託された可能性が高いです。

念のため2社を調べましたが、2社とも輸送においてとても実績がある会社でした。

国宝級の物を運ぶってかなり神経使いそうですし、運転手さんも大変ですね。

 

 

輸送費用はいくら?

今回の皇位継承にかかる費用は、166億円と言われています。

そんなにかかってるの!?

って驚きですよね。(笑)

でもこれは、関連行事や式典がかなり多いですし、人件費や資材費が膨大になるそうです。

招待客や祝宴などを削減したそうですが、前回の平成の時より3割も増加しているそうです。

そして肝心の輸送費用ですが、皇位継承式典事務局の発表によりますと、高御座等の解体輸送組立の費用は、

230百万円=2億3千万円

と記載されています。

2億3千万円もかかって輸送しているんですね。

やっぱりすごい費用がかかるんですね!

詳しく費用を知りたい方はコチラをご覧ください。

 

 

東京までのルートは?

高御座がトラックによる陸送されたルートについては、詳しく記載されている情報はありませんでした。

でも、おそらくは新名神高速道路を経由して新東名高速道路、東名高速道路で皇居まで輸送された可能性が高いでしょう。

午後11時に出てから次の日の午前10時前に着いていますし、国事のことなのでだいぶ余裕をみることから、最短ルートを走っていったのではないかと思います。

計8台のトラックは2班に分かれて警察の警備車両と4台ずつ高速を利用したことは、報道でもわかっているので、おそらくはこのルートですし、混乱を避けるために夜間の輸送にしたのかもしれませんね。

 

 

まとめ

「高御座の輸送方法や業者はどこ?輸送費用や東京までのルートも!」についてお伝えしました。

高御座の輸送は、トラックによる陸送でしたね。

国の重要文化財を運ぶ作業ですので、費用もかなり高額でしたし国の行事って大変ですし、皇位継承ってすごい行事なんだと改めて実感しました。

高御座の一般公開は、2020年の1月19日まで開催していますし、3月には京都御所でも一般公開されます。

ということは、来年早々にまた高御座が輸送されるということです。

同じく陸送の予定でしょうね!

 

というわけで今回は高御座の輸送についてお伝えしました。

以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。