イベント

京都南丹市花火大会2019台風10号直撃!中止や延期の可能性は?

今年で第73回を迎える、京都南丹市花火大会(やぎの花火大会)は、花火と共に灯籠流しなどが実施される歴史ある花火大会です。

2019年は、8月14日(水)に開催される予定ですが、なんと現在台風10号が発生していて、日本列島に北上しています。

なので、「京都南丹市花火大会2019台風10号直撃!中止や延期の可能性は?」と題して台風10号は、京都南丹市に直撃するのか、中止の基準や、延期で順延の場合いつになるのかなど調査しお伝えしていきます。

Sponsored Links

京都南丹市花火大会に台風10号直撃!?

現在のところ台風10号は、勢力を増しながら西日本に向けて北上してきています。


せっかく1年間待った花火大会なのにやめてー!

って思ってますよね。僕もその1人です。

実際台風10号は、停滞していてほとんど動いていません。

水温28度以上ある南の海面からエネルギーを吸収しながら勢力を増しています。

台風10号は、中心気圧950hPaあり、中心付近の最大瞬間風速は45m/秒にもなる大型台風になっています。

全国的にも、8/14以降には雨マークに変わってきている地域も多く、総降水量が1000mmに達する地域もあり警戒が必要になってきています。

おそらく今の進行状況を考えると、14日の夕方から夜にかけて京都でも、暴風域に入ってくるんではないでしょうか。

そうなると、京都南丹市花火大会2019の開催日時と重なってくるので、中止の可能性も出てきています。

ただ、台風10号はまだ進路が定まっていませんし、もっと停滞して遅くなるかもしれませんし、最近の傾向でいくと九州方面に逸れていく可能性もあります。

今後の台風10号の行方に注目ですし、常に最新の天気予報をチェックする方がいいでしょう。

 

 

台風によって中止になる?基準は?

もし、台風10号の影響で雨や風が少し出てきたり、予報で雨予報になっていたりとするならば、中止になるのか?基準は何なのか?気になりますよね。

京都南丹市花火大会2019では、小雨程度なら開催するそうです。

公式HPには、雨の基準を掲載していました。

Q/大会当日が雨の場合、打ち揚げは中止ですか?
A/少々の雨なら開催します。台風などの強風を伴う場合はの時は順延・中止となります

引用元:公式HP

ということは、もし台風10号の暴風域に入っていれば、中止になる可能性は高くなります。

 

中止の決定はいつ?どこで?

京都南丹市花火大会(やぎの花火大会)の、中止の決定は公式ホームページ上のTwitterにて発表します。

花火大会当日の正午にTwitterで発表されるので、準備する前に確認した方がいいでしょう。

ただし、気象条件によって打ち上げ直前に中止を発表する場合もありますので、正午の時点で開催予定でも、現地に行ってから中止という可能性もありますので注意してください。

公式のTwitterはコチラから!

中止の発表は公式Twitterで!

正午に発表されるが、気象条件により打ち上げ直前の時もある。

また、中止にならずに小雨が降りそうな時は、傘ではなくカッパを持っていくことをオススメします。

傘だと、場所を取りますし、もし晴れてきたら持ち運ぶのが面倒になります。

何より花火を鑑賞しているときに、後ろの人の邪魔となりますので、出来るだけ傘よりカッパの方がいいでしょう。

 

 

延期になったら順延日はいつ?

もしも台風10号の影響で、中止になり延期すれば順延日はいつになるんでしょうか?

京都南丹市花火大会2019では、荒天により中止となる場合は、翌日の8月15日(木)となっています。

でも、15日の方が台風が近づいているんですよね。(笑)

15日が中止の場合は、公式ホームページでは順延日は掲載されていませんし、おそらく今年の花火大会は中止となります。

ということは、何がなんでも8月14日(水)に開催して欲しいものです!

台風10号は停滞していますし、もしかしたら14日はまだ暴風域に入っていないかもしれませんし、それを願うばっかりです。

それか、九州の方に逸れれば京都まで影響がないと思うので、台風10号の今後の進路にやっぱり注目しないといけませんね。

常に最新の台風情報を確認してください。

こちらもまた最新の状況が分かり次第追記します。

 

 

まとめ

「京都南丹市花火大会2019台風10号直撃!中止や延期の可能性は?」と題して台風10号の花火大会の影響についてお伝えしました。

台風10号が、京都に直撃するかはまだ分かりませんが、大型台風なので警戒は必要かと思います。

また、中止の発表は、公式のTwitterにて当日の正午に発表がありますのでチェックしてみてください。

また、天候次第では打ち上げ直前に中止の可能性もあるので注意してください。

14日に中止となり延期になれば、翌日の15日に開催されます。

現在のところ、近畿地方を台風10号が通過するなら15日の方が台風が近いので開催される可能性は低いです。

なので是非とも14日(水)に開催してほいしですね!

というわけで今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。