イベント

京都南丹市花火大会2019の穴場スポット!最寄駅や打上げ玉数は?

 

今年も京都府南丹市で、京都南丹市花火大会が開催されます!

 

京都南丹市花火大会は、多彩な花火が有名で、フィナーレともなると昼間かと思うくらい明るく、花火で照らされます。

また、川には灯篭が流されたりと、情緒溢れる花火大会でもあります。

 

そんな情緒により浸るために「京都南丹市花火大会2019の穴場スポット!最寄駅や打上げ玉数は?」と題して、ゆったりと見たい方に穴場スポットやアクセス方法などお伝えしていきます。

 

Sponsored Links

 

京都南丹市花火大会2019

 

毎年8月14日に開催される京都南丹市花火大会では、灯篭流しも実施される情緒ある花火大会です。

今年で、73回を迎える歴史ある花火大会でもありますし、地元の人たちから愛されている花火大会です。

 

 

京都南丹市花火大会2019基本情報

2019年8月14日(水) 19:30~20:30 小雨決行

*荒天の場合は、8月15日(木)の同時刻に延期する予定です。

 

昨年の人出は、約10万人です。

 

【問い合わせ先】

南丹市花火大会実行委員会

 

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ixzlKUJ4KYQ

 

 

打ち上げ花火観覧会場

大堰川西側が、観覧会場になります。

 

こちらの会場は自由席の有料観覧席になっています。

 

会場に入るには、入場パスポートを購入しなくてはいけません。

 

入場パスポートは、1枚500円(小学生未満は無料)で、前売りでも当日でも購入することができます。

また、無料で開放されている会場もありますので、安心してください。

京都南丹市花火大会2019有料席チケット情報!混雑や渋滞は?

 

 

 

 

 

穴場スポットをチェック!

 

花火大会には、混雑がつきものですし、場所取りが悪かったりすると花火が全く見えなかったりした経験ってありますよね。

 

人が多く集まるところなので、ある程度は覚悟できますが、前の人の頭で見えなかったら悲しくなりますよね。(笑)

 

けど安心してください!!

 

京都南丹市花火大会は、河川敷で行われますし、それほど混雑しないので場所取りも、他の花火大会に比べれば楽です。

 

なので、特に穴場スポットはなく、会場で十分キレイに花火を観覧することができます。

無料で開放されているところも、夕方に行っても空きがあり、場所を取ることができます。

 

京都南丹市花火大会は、京都の花火大会の中でも、かなり穴場の花火大会だと思います。

 

 

オススメスポット

オススメのスポットとしては、やっぱり有料会場で真正面でみるところです。

それに、応援シート席から見れば、花火が至近距離で打ち上がりますし、かなりの迫力があります。

 

また、無料会場でも十分に見えますが、橋が気になるという方はやはり、有料会場から見ることをオススメします。

 

 

引用元:https://xn--6oqt5t1uai0ybzr67y.jp/3574

 

 

最寄駅は?アクセス方法を詳しく!

 

【電車で来られる方】

 

京都南丹市花火大会2019の最寄駅は、

 

JR嵯峨野線「八木駅」

 

になります。最寄駅から会場までは、徒歩10分と近いです。

 

花火大会当日は、駅から会場までの通りに屋台も並びますし、屋台を楽しみながら会場まで行くことができます。

 

 

【車で来られる方】

京都縦貫自動車道八木東ICで降りて、会場までは車で5分程度です。

 

当日は、会場周辺は、交通規制が行われていますので渋滞が予想されますし、近隣の駐車場は夕方頃になると満車ばっかりになるので、早めに来ている方がいいと思います。

 

京都南丹市花火大会2019の穴場駐車場や料金をチェック!屋台は?

京都南丹市花火大会2019有料席チケット情報!混雑や渋滞は?

 

 

 

 

打ち上げ玉数は?

打ち上げ玉数ですが、昨年と同様に2019年も

 

約5000発

 

打ち上げられます。

60分間に5000発は、結構多い方だと思いますし、その数の割に人出の数が10万人なのでやっぱり、この花火大会は穴場だと思います。

 

 

 

まとめ

今年で73回目を迎える伝統ある花火大会の、京都南丹市花火大会は穴場の花火大会ですし、灯籠流しも実施されるので、情緒も味わえて花火もゆったり見えるので、かなりオススメです。

 

オススメの穴場スポットは、やっぱり有料会場です。

真正面から見えますし、かなり近いです。

入場料も500円なので、見る価値はあるのかなと思います!

 

最寄駅は、JR嵯峨野線「八木駅」ですが、夕方頃から混雑しますので早めに来て、屋台を楽しんでおくのもアリだと思います。

 

というわけで「京都南丹市花火大会2019の穴場スポット!最寄駅や打上げ玉数は?」をお伝えしました。

今回は、以上となります。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。

 

【追記】8月9日現在の台風10号最新情報

現在、台風10号が勢力を増して日本列島に向けて北上してきています。

花火大会の中止の可能性も考えられますし、気になる方は下の記事をお読みください!