イベント

泉州光と音の夢花火2019のレイトチケットとは?屋台はあるの?

やっと花火の季節がやってきました!

今回は「大阪泉州祭り」の最後を飾る泉州光と音の夢花火についてご紹介します。

2019年8月24日(土)と8月25日(日)に開催されるこの泉州光と音の夢花火ですが、今年で3回目になり去年よりさらにパワーアップするみたいです。

今年は、西日本最大級の25000発を打ち上げる予定になっています!

 

25000発…………!!!!!!

 

すごいですよね!

有名な花火大会にも負けていませんね!

そんな打ち上げ数に加えて花火と音楽が融合されてる泉州光と音の夢花火の有料チケットって値段がどれくらいか気になりますよね。

それに無料の場所があるのか?屋台はあるのか?

気になるところをお伝えしていくので参考にしてみてください!

Sponsored Links

泉州光と音の夢花火2019

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7gEin5F0chY&feature=youtu.be

開催日程 2019/8/24(土),8/25(日)
開催場所 大阪・泉南タルイサザンビーチ
打上時間 20:00~21:00
アクセス 南海本線「樽井駅」から徒歩10分

 

 

レイトチケットとは?

レイトチケットとは、間近で音楽と花火の融合ショーを楽しむことができる砂浜エリアの入場券なんですが、これはおそらく2018年の呼び名で2019年は普通に有料観覧席として販売されています。

2019年の有料観覧席は、たくさんのエリアに分かれています。

引用元:公式HP

立見フロントビュー
花火を正面から音楽と共に見ることができる 1名
¥2,000(税込)
立見サイドビュー 花火を側面から見ることができる 1名
¥500(税込)
ビーチチェアシート 観覧エリア前列(弁当+ワンドリンク付き)
※席順は選べない
1名
¥12,000(税込)
グループシート 1組最大5名様(弁当+ワンドリンク付き)
※席順は選べない
1組
¥45,000(税込)
パイプ椅子シート 前から先着順に席が決定する 1名
¥3,000(税込)
ペアシート
(ビーチチェア)
観覧エリア前列(弁当+ワンドリンク付き)
※席順は選べない
2名
¥24,000(税込)後日公開
BBQシート BBQが楽しめるシート
※詳細後日発表
後日公開
撮影エリア 三脚持ち込み可(他エリアは禁止)
前から先着順に位置が決定する
1名
¥6,000(税込)後日公開
観覧クルーズ ※詳細後日発表 後日公開

 

上記のように、エリアが分かれていてチケットによって見るシーンが全然変わっています。

また、現時点では詳細が後日発表になっているのが多いので、また花火大会が近づけば公式ホームページで掲載されると思いますので、掲載されればまた更新しようと思います。

詳しく知りたい方や、先に詳細の後日発表を知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。【泉州光と音の夢花火】公式ホームページ

 

また、有料観覧席はちょっと高くて嫌だなと思った方もおられると思いますし、混雑を避けてゆっくりみたいという方は合わせて下の記事も是非読んでみてください!

泉州光と音の夢花火2019の混雑状況や穴場スポットは?時間は?

 

屋台はあるのか?出店はどこ?

泉州光と音の夢花火2019は、大阪泉州夏祭りの一つのイベントで花火大会と同時に肉フェスや音楽フェスが開催されます!

大阪泉州夏祭りは、午前中から開催しているので花火大会が始まるまで肉フェスを満喫したり音楽フェスで楽しんだりするのもいいと思います!

この他にも色々なイベントが開催されます!

       引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xGs2Jbksc1k#action=share

 

こんなに同時にいっぱい開催されるイベントってなかなかないですよね!

花火大会だけでなくて、1日中遊べますし飽きることがなさそうですね。

なんか大阪ならではのイベントって感じがするのはわたしだけでしょうか?(笑)

 

まとめ

音楽と花火が融合された新感覚の花火大会「泉州光と音の夢花火2019」は、すごくパワーを感じますし、とても期待させてくれそうな花火大会ですよね!

また花火大会だけでなくて、他にもイベントが盛りだくさんで朝から晩まで楽しむことができるので、魅力的なイベントだと思います。

有料のチケットも来客する方たちのシーンによって決めれると思いますし、是非行かれる方と検討してみてください!

というわけで、「泉州光と音の夢花火2019のレイトチケットとは?屋台はあるの?」をお伝えしました。

今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。