イベント

関門海峡花火大会2019台風10号直撃!中止や延期の可能性は?

8月13日に開催される関門海峡花火大会は、今年で32回目を迎える関門海峡を挟む北九州市の門司と山口県下関で合同開催される花火大会です!

しかし、この西日本屈指の関門海峡花火大会が開催される8月13日は、現在の予想だと台風10号が九州本面にも影響が出そうです。

なので「関門海峡花火大会2019台風10号直撃!中止や延期の可能性は?」と題して台風により関門海峡花火大会が中止になるタイミングや延期になったら順延になるのかなど調査してお伝えしていきます!

Sponsored Links

関門海峡花火大会2019に台風10号直撃!?


現在の台風10号の進路予想では、 最近の傾向でいくと13日の夜には四国から九州方面あたりが台風の域にかかってくるので、関門海峡花火大会に影響が出てくる可能性があります。

せっかくのお盆休みだし、一年楽しみにしていた一大イベントなのにやめてくれー!

って感じですよね。

1年に1回しかない関門海峡花火大会なのになんでちょうど台風が!!!

って思いますよね。(笑)

直前の台風8号と同じ進路を台風10号が進行すれば、間違いなく九州を通過することになりますし、常に最新の天気予報をチェックするのがオススメです。

 

*【追記】8月9日最新台風情報

8月9日の最新の天気予報では、台風10号の予報が変わってきています。


現在台風10号は、日本列島に向けて進行中です。

だけど、実際はほとんど停滞して動いていません。

台風10号は、水温28度以上ある南の海面からエネルギーを吸収して北上してきています。

今現在の台風10号は、中心気圧950hPaで、中心付近の最大風速は45m/秒という大型台風となっちゃってるんです。

全国的に週間天気予報は、来週後半に向けて雨マークに変わってきています。

総降水量が1000mmに達する地域もありそうなので警戒が必要です。

でも、待ってください!

来週の後半ということは、今のままでいくと14日の昼から夕方くらいに九州北部は暴風域に入ってくる予想です。

ということは、8月13日に開催される関門海峡花火大会2019は、台風の影響を受けなさそうです!!

ここまできたら、このまま台風10号には、停滞していて欲しいですよね。(笑)

台風10号は、進路がまだ定まっていませんが、おそらく近畿から四国方面にいき、中国地方を抜けていくかもしれません。

また最新情報が分かり次第追記してお伝えしていきますね!

今の台風10号の進行状況だと、花火大会は開催されそう!

 

 

 

台風により中止になる?

関門海峡花火大会2019は、雨天でも開催されるみたいです。

ということは、少々の雨なら花火大会は開催されるということですね。

中止の基準は、風速10m/秒以上になれば中止となります。

なので、台風が接近していれば風速10m/秒以上はなる可能性が高いので、雨が降っていなくても中止となることがあります。

雨が降っていなくても、風速10m/秒以上で中止になる可能性がある!

 

また、関門海峡花火大会2019の中止などの最新の情報は、大会公式Twitterで確認することができます。なので当日もこまめにチェックしてみてください!

また公式HPでは、雨天により開催されるかの問い合わせ方法も載っていたのでこちらでも確認できます。

当日は雨が降っても花火大会は開催いたしますが、強風などで中止する場合があります。

開催については、当日の午後3時までは事務局、その他にあっては北九州市コールセンターにお問合せください。

問合せ先: 事務局 093-331-8781
北九州市コールセンター 093-671-8181

また、ホームページにおいても、状況を随時掲載致しますので是非ご利用ください。

引用元:公式HP

当日の午後3時くらいまでは事務局ということは、その時間帯くらいまでで開催されるか決めるのかもしれませんね。

また、公式のHPからも随時状況を確認できるということなので、そちらを確認したいという方はコチラから!

そして、花火大会当日にもし小雨が降ってきそうなら、傘ではなくカッパを持っていくことをオススメします!

傘だと、持ち運びに邪魔になりますし、花火を見るときに後ろの人の邪魔をしてしまうので、カッパを持っていくといいでしょう!

小雨が降りそうなら、傘よりカッパの方がオススメです!

 

 

 

延期になったら順延日はいつ?

もしも、台風10号の影響により関門海峡花火大会2019が中止になったら順延日はいつになるんでしょう?

関門海峡花火大会2019は、中止になれば延期ということはなく順延日は設けていないみたいです。

とうことは、また来年まで待たなくてはいけなくなります。

それだけは避けたい!!

ですよね。(笑)

台風が北に逸れていくことを願うばかりです!

 

 

関門海峡花火大会2019とは?

関門海峡花火大会は、山口県下関市と福岡県北九州市門司の関門海峡の両岸で実施される九州最大級の花火大会です。

1988年より「アジアポートフェスティバル in KANMON」として関門地区の合同イベントとして行われている歴史のある花火大会なんです!

毎年この大会には、110万人の人が訪れて両岸から競うように打ち上げられる花火に酔いしれています。

110万人!?

って物凄い人ですよね!やっぱり中止にならずに是非とも開催してほしいですね!

 

【花火大会基本情報】

  • 開催日時:2019年8月13日(火)19:50~20:40
  • 打上げ数:1万5000発
  • 前年の人出:約110万人
  • 有料席:あり
  • 観覧会場:福岡県 北九州市門司区西海岸
  • 問い合わせ先:関門海峡花火大会実行委員会門司事務局(093-331-8781)
  • 公式HP:https://kanmon-hanabi.love/

また、詳しい会場案内図が気になるという方は、コチラをチェックしてみてください!

当日は交通規制もありますので車でお越しの際は気を付けてください!

関門海峡花火大会交通規制図

 

 

まとめ

「関門海峡花火大会2019台風10号直撃!中止や延期の可能性は?」についてお伝えしました。

現在のところ台風10号の影響を受ける可能性は高いんではないでしょうか。

風速10m/秒が中止基準ですし、少しくらいの雨なら開催されるということなので台風が直撃ではなければ、開催されるんではないでしょうか。

順延日もないみたいですし、110万人もの人が集まるビックイベントなので是非とも開催して欲しいですね!

無事に開催されることを願うばかりです!

というわけで今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。