芸能

戦慄かなの本名や結婚は?早稲田大学?母親の虐待や少年院の理由も!

 

少年院出身のアイドルで話題の戦慄かなのさん!

 

幼少期から母親に虐待されたり、少年院に入っていたりと壮絶な人生を歩んでいます。

 

そこで、「戦慄かなの本名や結婚は?早稲田大学?母親の虐待や少年院の理由も!」と題して気になる本名や虐待や少年院のことなどについてお伝えしていきます。

 

Sponsored Links

 

戦慄かなのプロフィール

引用元:https://lineblog.me/dessart/archives/13206723.html

 

破天荒なキャラクターで人気の戦慄かなのさんは、現在大学に通いながらアイドルとして活動しています。

また、戦慄かなのさんの本名も気になるところですよね。

 

  • 名前:戦慄かなの
  • 生年月日:1998年9月8日
  • 年齢:20歳(2019年6月時点)
  • 出身:大阪
  • 身長:154cm
  • スリーサイズ:79/60/83
  • 所属グループ:ZOC、femme fatale

 

 

本名については、公開されていないそうです。

戦慄かなのという名前は、もちろん芸名でしょうけど、もしかしたら「かなの」は本名かもしれませんね。

 

また、過去に犯罪で少年院に入っていたこともあり、本名が世に広まってしまえば、過去の事件や犯罪もまた検索されかねないので、非公開にしているのかもしれませんね。

 

 

戦慄かなの経歴(幼少期〜少年院まで)

戦慄かなのさんは、幼少時代から母親にネグレクト(育児放棄、虐待)を受けていました。

 

母親は、父親にも暴力を振るうくらいの人で、両親は幼少期に離婚しています。

 

もともと家事をしなかった母親の影響で、部屋は荒れ放題になり、育児放棄が原因で、お風呂に入らなかったり、歯磨きをしなかったりと不衛生な状況が続いていたそうです。

 

そんな影響もあり、小学4年生から自律神経失調症、パニック障害などを患ってしまいます。

 

そして、学校では汚いといじめられ仲間外れにされたそうです。

 

中学2年生の頃には、いじめが原因で自殺未遂をしています。

 

それから、悪い友達と仲良くするようになり、犯罪に手を染め少年院に入ります。

 

少年院に入ってからも態度が悪くて、2年も出れなかったですが、そこで出会った先生が一生懸命、母親のように接してくれたおかげで更生することを決めたそうです。

 

そして、少年院では秘書検定・危険物取扱者・高卒認定など資格をたくさんとって勉強をしたそうです。

 

戦慄かなの経歴(少年院出所〜現在)

少年院を出てからは、薬局で事務をしていましたが、もともとアイドルが好きで自分もなりたかったので、兼業で地下アイドルを目指します。

 

そんな中、Twitterにあげた妹さんとのダンス動画がきっかけでスカウトされて、芸能活動を本格的に始めました。

 

そして、2017年に所属していた「のーぷらん。」というグループを、大学受験をするために脱退しています。

 

その後見事に大学の合格されて現在も通われています。

 

現在は、芸能活動を再開していて、大森靖子さんがプロデュース兼共犯者として活動している「ZOC」というアイドルグループに所属しています。

 

少年院から、勉強されて大学に行ったり、アイドルを目指してアイドルになったりと、相当な努力家なんだと思います。

 

 

戦慄かなのは結婚しているのか?

 

ネット上では、戦慄かなのさんは結婚しているという噂が話題になっています。

真相は、どうなのかというと……

 

一般人と結婚しているそうです。

 

 

この一般人の男性がTwitterで戦慄かなのさんとの結婚を報告しています。

 

ただ、一般の男性なので、詳しい情報はわかりませんでした。

 

しかし、ファンの間では4月1日にTwitterをあげていますし、エイプリルフールのデマではないかと言われています。

 

戦慄かなのさん自身、何も報告されていませんし、おそらく結婚はしていないんじゃないかなと思います。

 

 

 

大学はどこ?早稲田大学?


 

2018年に大学受験をして見事に、大学の法学部に合格しています。

 

ただ、大学名は公表されておらず、

 

「みんなが知っている有名私立大学」

 

と発言していることから、ファンの間では早稲田か慶應ではないかと言われています。

 

関東に在住していますし、基本的には関東の私立大学ですし、もしかしたら早稲田大学かもしれません。

だとしたら、戦慄かなのさんは、地頭が相当いいのではないでしょうか!

 

 

 

母親の虐待がヤバイ!

上記でもお伝えしたように、幼少期の頃から母親からネグレクト(育児放棄、虐待)を受けています。

 

暴力もすごかったみたいで、電子レンジを投げられて指の骨を折ったりしたくらい家庭内暴力がひどかったそうです。

 

また、母親は戦慄かなのさんと妹さんを放置して、彼氏と海外旅行に遊びに行ったり、毎晩帰って来なかったりと育児を放棄していたみたいです。

幼い二人は、飢えをしのぐために水道水を飲んだりと、大変な幼少時代を過ごしています。

 

それでも、母親が帰って来なければ、いつも心配していたみたいですし、親子というのは複雑なものですね。

 

 

 

少年院に入った理由は?

引用元:https://www.news-postseven.com/

 

中学生の頃から、グレ始めて窃盗集団に入り万引きや、出会い系などを使ってアマゾンカード詐欺などをしていました。

 

高校生になってからは、JKビジネスをしていたそうです。

JKビジネスとは、主に女子高生を商売のネタにした違法ビジネスです。

100均で買ってきたパンツを、女子高生に履かせて、それを高値で転売して儲けていたみたいで、月の売り上げが多い時で、300万も稼いだらしいです。

 

意外と、ビジネスマンとしての才能もあるかもしれませんね。(笑)

 

そして、友人を助けようと傷害事件を起こしてしまい、携帯から色々な悪さがバレてしまし少年院に入ることになりました。

 

 

まとめ

壮絶な人生を送ってきた戦慄かなのさんは、エピソードだけ聞いていると、まだ20歳とは思えませんね。(笑)

 

結婚に関しては、エイプリフールに一般男性のTwitterでの報告ということで、おそらく結婚はしていないと思います。

 

大学は、誰もが知る有名私立大学と発言していることから、早稲田大学か慶應義塾大学など東京六大学かもしれませんね。

 

母親の虐待や、少年院に入るなど大変な経験をされていて、現在アイドルとして頑張っている戦慄かなのさん!

努力家の彼女なら、芸能界でも生き残っていけそうですね!

 

というわけで「戦慄かなの本名や結婚は?早稲田大学?母親の虐待や少年院の理由も!」をお伝えしました。

今回は、以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。