イベント

宇部市花火大会2019の交通規制や通行止めは?臨時バスの時間も!

 

山口県の西部にある瀬戸内海に面した宇部市で、今年で65回目を迎える宇部市花火大会が今年も開催されます。

 

山口県内では、最大級の花火大会であり、6部構成で打ち上げられる花火は、音楽と融合してコンピューター制御で打ち上げられます。

 

例年多くの方が車で来られるので、気になるのは交通規制とか通行止めの情報ですよね。

 

なので、「宇部市花火大会2019の交通規制や通行止めは?臨時バスの時間も!」と題して交通規制などをお伝えしていきます。

 

Sponsored Links

 

宇部市花火大会2019

 

魅力や見どころは?

宇部港で開催される、宇部市花火大会2019の見どころといえば、花火と音楽のシンクロです。

音楽を花火の打ち上げに合わせて、コンピューターで制御しています!

 

なので、花火と音楽がバッチリのタイミングで合っていて、とても心地よく、迫力も満点です。

 

開催日時

2019年7月27日(土) 20:00~21:00(約60分間) 11000発

*荒天時は翌日の、7月28日(日)に延期となります。

 

 

観覧場所

山口県宇部市宇部港内一帯が主な観覧場所になります。

 

電車で来られる方

  • JR宇部線宇部新川駅から徒歩で20分
  • JR宇部線琴芝駅から徒歩で10分

 

車で来られる方

  • 山陽自動車道宇部ICから車で15分

 

 

例年の来場客数

今年で、65回目になる宇部市花火大会ですが、例年の来場客数は、

 

約14万人です。

 

山口県内からだけではなく、中国地方や九州の方達も見にくる程人気がありますし、夏の宇部市の一大イベントです。

 

 

問い合わせ先

〒755-8558 山口県宇部市松山町一丁目16番18号

宇部市花火大会実行委員会(宇部商工会議所内)

ちなみに、有料観覧席は設けていないそうです。

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xBu8cxcCwpU

 

 

 

交通規制は何時まで?通行止めは?

宇部市花火大会の交通規制は一体何時から何時まで行われているんでしょうか?

 

基本的には、会場周辺では17:00~21:30の間交通規制が行われます。

ちなみに、昨年の交通規制図がこちらになります。

 

 

例年も一緒ですし、今年もおそらく上記の規制図と同じだと思いますが、詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

宇部港周辺では、17時から規制が開始されますし、真締大橋も19時には車両通行止になるので注意が必要です。

 

17時から会場周辺は規制が開始されますし、その周辺の駐車場に停めるつもりなら、渋滞も考えられますし、遅くとも15時くらいには着いておくのがいいと思います。

 

 

 

 

臨時バスや臨時列車の運行状況は?

 

花火大会当日は、臨時バスや臨時列車が運行する予定になっています。

毎年臨時バスは、宇部市交通局と船鉄バスが臨時バスを運行していますし、臨時列車は、JR西日本が運行しています。

 

臨時バス

 

最寄バス停「常盤町一丁目」・「市役所前」

今年の臨時バスの時刻表は、まだ発表されていませんが、去年の臨時バス時刻表がこちらになります。

 

 

 

臨時列車

 

最寄駅 JR宇部線「宇部新川駅」・「琴芝駅」

こちらも2019年度は、まだ更新されていませんので昨年の臨時列車時刻表になります。

 

 

2019年の臨時バスや臨時列車の時刻表は、当日付近になれば更新されると思いますのでHPから問い合わせをしてみてください。

 

 

 

まとめ

 

山口県最大級の光と音の祭典「宇部市花火大会2019」は、例年14万人も訪れますし、渋滞や混雑が予想されます。

 

ですので、なるべくは公共交通機関を利用した方が、いいとは思いますが、車で行きたい方もいっぱいいらっしゃると思います。

なので、上記の交通規制を参考にしてもらって当日は、スムーズに花火大会を満喫してください!

 

また、臨時バスや臨時列車を利用する方は、前日までに時刻表を把握しておくのが、オススメです!

宇部の花火大会を目一杯楽しみましょう!!

 

というわけで、「宇部市花火大会2019の交通規制や通行止めは?臨時バスの時間も!」をお伝えしました。

今回は、以上となります。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。