芸能

板橋駿谷の本名や高校は?結婚はしてる?鈴木亮平と似てる?画像も!

 

NHKの朝ドラ「なつぞら」でブレイクしている俳優の板橋駿谷さん!

35歳ながらも、高校生役を演じて、そのキャラクターの濃さから話題になっていますよね。

そんな話題沸騰中の板橋駿谷さんって芸名みたいな名前ですが、本名なのか気になりますよね。

そして、下積み時代が長かった板橋駿谷は、結婚しているのかなど色々気になることが多い方です。

なので「板橋駿谷の本名や高校は?結婚はしてる?鈴木亮平と似てる?画像も!」と題して板橋駿谷さんについてお伝えしていきます。

 

Sponsored Links

 

板橋駿谷の本名は?


個性的な俳優で、人気を集めている板橋駿谷さんは本名なのか気になるところですよね。

というのも、下の名前に谷がついている人ってなかなかいないですし、芸名なのかなとも考えられますよね。

 

調べてみたところ、本名だという情報はありませんでしたが、もし本名ならなぜ谷が使われているのか是非喋ってほしいですね。

 

出身高校はどこ?


板橋駿谷さんの出身高校ってどこなんでしょう。

板橋駿谷さんは、福島県須賀川市長沼町出身で高校時代は、福島で過ごされています。

ということは、地元福島の高校を卒業されているのですが、高校名までは出てこなかったです。

しかし、須賀川市長沼町周辺の高校はあまり多くないのでもしかしたら、下の高校の中にある可能性が高いです。

  • 須賀川高等学校
  • 長沼高等学校
  • 須賀川桐陽高等学校
  • 清陵情報高等学校

おそらくこの4校のうちのどれかに通われていたことでしょう。

板橋駿谷さんは、中学から高校まで柔道をされていたそうです。

体もしっかりしているのは、柔道をしていたからもあるでしょう。

 

ちなみに実家は、福島県の建設会社だったそうですが、2007年に倒産しているみたいです。

 

 

大学はどこ?

板橋駿谷さんは、日本大学芸術学部演劇学科を卒業されています。

日本大学在学中に、仲間と劇団を立ち上げて俳優としてデビューします。

大学卒業後は、劇団ロロの中心メンバーとして活動し、映画や舞台などで活躍していました。

 

ちなみに、日本大学には一浪してやっとの思いで、合格したそうです。

やっぱりどうしても演技の道に進みたかったんでしょうね!

 

 

ゲイバーで働いていた!?

板橋駿谷さんは、大学卒業後に一時期ゲイバーの店員として働いていたそうです。

ゲイバーで働いた理由については、人と会話するのが苦手であったため、ゲイバーで会話の勉強をするのと、社会経験でいろんな役が来た時にできるようになるために働いていたみたいです。

そうだとしても、ゲイバーの店員で働こう!

ってなかなか思っ切りがいいですよね。(笑)

 

 

結婚はしている?嫁は?

 

35歳でブレイクしている板橋駿谷さんですが、下積み時代に結婚されて嫁がいるのでしょうか?

結婚については、公表されていませんが2010年の時点では、未婚と発言しています。

そこから、9年は経過していますのではっきりとはわからないですが、おそらく結婚していないでしょう。

現在は、ブレイクして俳優としての生活が忙しいですし、少し落ち着いたらそういう報道が出てくるかもしれませんね。

 

身長は、178cmもありますし筋肉もすごいのでこれからますますモテモテになることでしょう!

 

 

鈴木亮平と似てる?

引用元:本人Twitterより

 

板橋駿谷さんはよく、鈴木亮平さんと似ていると言われています。

実際似ている2人は、共演したことがあるのでしょうか?

2人ともいまだに高校生役を演じていますし、男気がある感じや顔の雰囲気など似ている部分はありますよね。

そんな2人が共演したことは、まだないそうです。

 

板橋駿谷さんと鈴木亮平さんが、高校生役で共演したら面白そうですよね!

テレビ関係者の方がもしこの記事を見ていたら、よろしくお願いします。(笑)

 

 

ツイッター画像まとめ!

高身長でマッチョの板橋駿谷さんは、写真に映っても絵になります。

さすが俳優さんですよね!

そんな板橋駿谷さんのツイッターの画像をいくつか紹介します。

 

 

 

 

まとめ

今回は、「板橋駿谷の本名や高校は?結婚はしてる?鈴木亮平と似てる?画像も!」についてお伝えしました。

板橋駿谷さんは、おそらく本名だと思いますし、高校も地元の高校を卒業されたでしょう。

ブレイクして有名になったのでこれから色々わかってくるでしょう!

それと、是非鈴木亮平さんとは高校生役で共演して欲しいですね。

 

というわけで、今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。